2015年2月22日日曜日

【ヤマノススメ】八幡山 舞台探訪

コミック アース・スターONLINEにてヤマノススメの第五十九合目後編が2/10日に掲載されました。
→ コミック アース・スターONLINE: ヤマノススメ 

前回に引き続き滋賀が舞台となっています。
冒頭シーンは賎ヶ岳の山頂からスタート。
賎ヶ岳ではリフトのシーンが増えています。
こちらはリフトが営業を始めてから探訪したいと思います。

物語後編は近江八幡市の八幡山が舞台として登場しています。
こちらは、11月に同作品のラッピングゴンドラが運行したことで、足を運ばれたファンの方も多いと思います。
今回は夕暮れ~夜景のシーンを目指して探訪してきました。

① 八幡山ロープウェイ山麓側乗り場前




山麓側の乗り場です。
通常営業における登りの最終は16時30分です(下りは17時)。

漫画に書かれている”シーズン”というのは紅葉の時期で、その期間のみ20時まで登りが動いています(下りは20時30分まで)。
去年も11月の中頃から末にかけて、夜間運行をしていました。
今回は夕暮れ~夜景を撮影するためロープウェイは使用できませんでした。
比高100m程度ですので、登るのに30分もかかりませんが、夜間に登る方はライトの準備を忘れないようにしてください。

② 山頂側ロープウェイ乗り場





営業時間終了後は進入禁止のロープが張ってあり、カット合わせは出来ません。
この日の日の入りが17時45分頃だったので、夕暮れ時のカットを撮影したいのであれば夜間営業中、もしくは冬至頃に訪れる必要があります。
日が完全に落ちるとかなり暗くなり、八幡ドルの夜景を観ることが出来ます。


ちなみに、夜間は立ち入れない場所が多いです(展望館付近も入れません)。
中心部を望める場所はこの山頂乗り場以外だと、出丸跡がせいぜいというところでしょうか。
西の丸跡、北の丸跡は立ち入ることが可能ですが、市街地を望み難い位置にあります。
→ 近江鉄道グループ 八幡山ロープウェー公式HP: 八幡山山頂マップ

③ 村雲御所瑞龍寺 本堂前 or 展望館前スペース



このカットですが、アタリをつけていた
・ 村雲御所瑞龍寺本堂前の展望スペース
・ 展望館前スペース
いずれも夜間侵入禁止だったため、特定できていません。
二枚目カットの左手に確認できる琵琶湖の位置的には、展望館前スペースからの景色に近いです。
(写真は前回登山時に撮影したもの)

ですが展望館前のスペースはこれほど開けておらず、また双眼鏡等の設置物があるため、細かい点で差異があります。
本堂前は開けたスペースがあり、柵の形状も似ています。
昼間に再度確認したいと思います。

余談ですが、一時品切れとなっていた木はがきが再販されていました。
買い逃がされた方は要チェックです。
→ 近江鉄道グループ 八幡山ロープウェー公式HP: TVアニメ「ヤマノススメ」コラボレーショングッズ販売について

早く三期が始まり、この舞台で動くあおいを見たいところです。
漫画版、次回のストーリーは伊吹山になりそうですね。
雪が無くなるのはもう少し先になりそうですし、伊吹山探訪はしばらく後になりそうです

以上

【探訪日: 2015年2月21日】

0 件のコメント:

コメントを投稿